ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

タイは英語が通じない!?(プーケット移住4日目)

私が海外旅行に行くときに不安に感じるのは、まずは治安、そして言語です。一般的にも、治安が1位、2位が犯罪、3位が言語のようですね。

 

ゆるうさぎ、実は2個目に勤めた会社でシンガポールに1年弱滞在していた際に、月に3回ほどバンコクに出張していました。そのころ、タイは英語が通じないなぁ~と思っていました(今思えば、無意識のうちにシンガポールから比べていたと思うのでそりゃそうか、って感じです。英語圏かタイ語圏かですもんね。汗)

当時は一生懸命最低限のタイ語をメモし(覚える気なし。。)、体当たりで凌いでいましたが、2年間のミャンマー生活を経た今思うのは、意外と英語通じるぜ!恐らく日本から来た人もそう思うのではないでしょうか。

ちなみに、私がメモっていたのはこういうサイト。

男性陣にはこの方がよいのでしょう。

 

例えば、携帯電話会社。先日、大手キャリアのDTACとTrueに行って契約をしてきましたが、かなり英語が通じました

昨日のブログでタイでの携帯キャリア選びを纏めてみました。

 

DTACでは英語サービスカウンターがあり、日本でドコモショップに行ったらもらう番号チケットと同じ仕組みで、英語サービスの番号チケットを貰います。5分程待ったらすぐ呼ばれました。Wi-fiもサービスだったため、苦なく待てました。そして、対応してくれたお姉さん(といってもだいぶ年下。大学卒業して間もない感じ)が美人、かつ、まぶしい笑顔。ちょっと前に日本に1週間ほど旅行したようで、話も盛り上がりました。また、サービスについていろいろと詳しく説明してくれて、他社キャリアに電話した際の料金体系や、プリペイド料金のチャージの仕方、visaを取得した後の契約変更手続きも英語ですらすらと説明してくれました。

一方でTrueは、英語カウンターがない小さい支店だったものの、中年のおじさん(といっても40代前半くらいなので、私からすればお兄ちゃんくらいか)が積極的に英語で話してくれて、質問に色々と答えてくれました。ちなみに、TrueでSIMカードを購入した後、隣の隣にあるRobinsonという有名デパートで壊れたビーサンを買い替えていたのですが、そこにこのおじさんが現れ、何やら暇をつぶしていました。。さらにスーパーで物色をしていたら、そこにもおじさんが現れました。どんだけ暇なんだ。。気が合いますね♪笑

f:id:phuketblog:20160826002140j:plain

プーケットタウンのRobinsonの隣にOceanがあり、更にその隣にあるTrueショップ。

街で道を聞いても英語で返ってくるし、レストランでも屋台や路面店でも英語でメニュー説明&注文ができる。プーケットすげぇぇぇ。

 

そういえば、私が高校生のとき、カナダのフランス語圏に留学したのですが、タイからの留学生の半分くらいは英語ぺらぺらだったなぁ。まぁ富裕層だからというのもあるのでしょうが。

ちょっと調べてみたら、なんとタイでは英語を小学1年生から授業で教えているそうで、英語の公用語化も検討されていたみたいです。

 

もちろんタイ語で会話できるようになりたい!と思いますが、まずは英語でも生活ができるというのは大変ありがたいことです。もちろん治安もいいですしね!海外旅行でタイが人気なのも、不安が少ないということもあるのではないでしょうか。皆さんも是非、プーケット、訪れてください~