ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

プーケットタウン観光①行き方(パトンビーチから)

ついに家が決まり、明日契約をして引っ越しの予定です。家だけは移住準備で結構調べていたので、住むのが本当に楽しみ♪ そして今日でプーケットタウンともお別れなので、忘れぬうちに、プーケットタウンの観光情報をお伝え致します。まずは、プーケットタウンへの行き方。(主にパトンビーチからになります)

 

路線バス以外は、説明する間もなく簡単! 

タクシーorバイクタクシー、路線バス、レンタカーorバイクで、島内からプーケットタウンにアクセス可能です。タクシーはメーターにしたり、ホテルの方に手伝ってもらったりするとして、ここでは路線バスのご紹介します。

特に、バックパッカー的な旅行者ですと、パトンビーチに宿泊する人が多いかと思います。そんな方々には、プーケットタウンとパトンを繋ぐ路線バスがあります(Phuket Local Beach Bus)。初めてのときは緊張しましたが、ポイントが分かっていれば簡単なので、下記に纏めておきます。

 

 

1. スケジュール

だいたい30分に1本。タイムテーブルはどうやらないので、最悪30分待つ覚悟で、のんびり構えてください。それが嫌な方は、最初からタクシーに乗ることをお勧めします。私たちは、のんびり島ライフを楽しみたかったので、移動も焦らずバスにしました。結果、5分で来ることもあれば、始発バス停で40分待ったこともありました。

始発から終点まで1時間~1時間半。

 

2. ルート

Patong(パトンビーチ)からKathu(カトゥー)の南側の道を通り、Central Festivalを抜けてPhuket Town(プーケットタウン、旧市街)につきます。f:id:phuketblog:20160826212741j:plain

 

3. 乗り場

パトンビーチでのバス乗り場(プーケットタウンへの行き)は、パトンビーチのビーチロード(Thawewong Road)の南端です。パトンビーチ沿いの通りに出たら、ビーチを右手にひたすら南下したら、Absolute Sea Pearl Beach Resortというホテルが見えたら、そこにバスが止まっています。

f:id:phuketblog:20160826211019p:plain

この地図の場所に、こんなバス停のサインがあります。

f:id:phuketblog:20160826211406j:plain

 

逆に、プーケットタウンでのバス乗り場(パトンビーチへの帰り道)は、Phangnga通り(旧市街のメインロード)を西の突き当りまで進むとYaowarat通りにぶつかります。そこを左に曲がると、すぐに円形の交差点があります(Traffic circle)。その円形の交差点をまた西に行くとRanong通りに入り、左手に市場が見えたら、前後100m程をうろうろしてください。下のような青いバスがどこかに止まっているはずなので乗ってください。

f:id:phuketblog:20160826211224j:plain

f:id:phuketblog:20160826212911j:plain

ちなみに、パトンビーチだけでなく色々なビーチに行ってしまうので、パトンと書いてあるものを探してください。不安だったら乗客や運転手さんに「パトンビーチ?」と聞いてみてください。

 

4. 3ステップで乗ってみよう!

1. まず、乗りましょう!青いバスを見つけろ!

始発から乗る場合は、運転手がいなくてもとりあえず乗っていて大丈夫です。適当な時間になったら運転手が戻ってきて出発します。

途中から乗る場合は、ルート上であれば、手をあげてどこででも乗れます(ベンチがあるところが正式なバス停のようですが、座りたい願望がなければ、わざわざ歩いていかなくても大丈夫です)。こんな感じのバスが見えたら手を挙げて乗る。バスにPhuketとかPatongとか書いてあります。

f:id:phuketblog:20160826205607j:plain

 

2. お金を払いましょう。

乗客と思っていた人からお金を出すよう言われても、かつあげじゃないのでご安心を。その方が、運転手の他に乗っている集金係です。彼らhあ暇なときに、お金を集めにバス内を歩きます。なので、声をかけられるまでポケモンGOしていてプーケットの雰囲気を存分に楽しんでいて大丈夫です。一人30THB(約100円)ですが、途中乗車・下車の場合は、距離によって25THBになったりしました。

たまに集金係がいない便もあるので、そのときは、降りたときにバスの前方に行って、運転手に支払いましょう。道路側は危ないので、助手席側から身を乗り出す感じで大丈夫です。

 

 3. 降りましょう。

降りるときは、日本のバスを降りるときのように、天井にベルがあるので、押したらすぐ止めてくれる。または、乗ったときに集金係に地図や身振り手振りで何とか伝える。

ゆるうさぎ夫婦は、最初、集金係に伝えたうえで、Google Mapで現在地を見ながら身構えていました。Google Mapを予めWi-fi環境で起動しておけば、インターネットに加入していなくてもGPSを使って現在地がわかるので便利です。

 

ちなみに、このバス、ポケモンが相当取れます。海辺も山道も人口密集地も通るので色んなレアポケモンに会えるはず!私はルージュラさんに出会えました。あと、山道がきついので、10km以下で走るときもあり、卵が孵化しちゃったりします。らっきー♪

 

(追記:プーケットタウン関連記事