ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

デート向きレストラン① in プーケット・タイ

男性のみなさーん、老いも若きも、東京でもプーケットでも、高級感漂うおしゃれなレストランでのデートで、女子は落としましょう!誘うときは、「プーケットでディナーするなら、シーフードかステーキか、どっちがいい?」です。プーケットに行くのが決まってなくても、いいんです!

心理学では、誤前提提示といって、人が答えやすい選択肢を与えられると、それ以外の選択肢があるにも関わらず(この場合そもそもプーケットに行かない)、与えられた選択肢の中だけで物事の判断をくだしてしまいやすい(つまりシーフード!とか)、そうです。そんなことあるか!と思う方、実践してみてください~私はやられたことないですが、、だって不自然だし。。笑

こういう人間関係のうんちくがわかる本を、ミャンマーで読んでいました。もうタイトルが、病んでいる。。

さて、ともかくプーケットについて、おいしいシーフードを食べてデートしたいと思った時のお勧めをご紹介します。

 

パトンビーチ海岸沿いの通り(Thawewon通り)には、幾つかおしゃれなお店があり、それぞれカップルのデートにお勧め!今回は、バングラ通りから北に向かって3分ほど歩いたところにある、Sala Bua Restaurant(サラ・ブア)をご紹介します。

通りからみるとこんな感じ。Phuket Immigrationの横です。

f:id:phuketblog:20160904134229j:plain

正確な地図はこちらから。

 

まず、雰囲気が超いい!お勧めは、18時頃に入ってサンセットを見ながら酔い始めること~18時半くらいまでお客さんが殆どいないので、眺めを一人占めできる!あと、屋根のない、海に近い席は予約した方がよいです。私たちは雨が降ったり日没まで暑かったりするのが嫌だったので、屋根ありの席にしましたが、ちょうどよかった~中国人団体客がはしゃいでいるところからも遠くてすんだし。。

もう入り口がおしゃれ。ホテルに併設しているので、敷地を贅沢に使って。

f:id:phuketblog:20160904134800j:plain

サンセットが見えるよー

f:id:phuketblog:20160904134805j:plain

海側から見た客席。屋根のある方が静かでよかったです。

f:id:phuketblog:20160904134813j:plain

客席全体。夜は暗いけどおしゃれ~

f:id:phuketblog:20160904134816j:plain

 

で、肝心の料理ですが、Friday nightは、シーフードBBQ食べ放題があります!18時~22時と結構ゆっくりいられる(BBQは一人800THB)。あと、今オススメの白ワインがまぁまぁ大丈夫だったので、それを2人で2本飲み、合計で2人で3,200THB(約1万円)でした。ちなみに、私はこの時点でまっすぐ歩いていなかったらしい。笑

BBQソーンには、いか・エビ・しゃこ・カニ・白身魚・ムール貝。どれも新鮮で焼きもちょうどよかった。あとは、サラダ、オーソドックスなタイ料理、ピザ、パスタ、寿司、フルーツ、デザートなどがありました。シェフが有名だそうで、全て美味!

彼女が有名なシェフ、、ではなく、シェフはHans Engerer(ハンスエンガー)さんという白人の方です。

f:id:phuketblog:20160904140408j:plain

f:id:phuketblog:20160904140405j:plain

f:id:phuketblog:20160904140412j:plain

サラダとタイ料理ゾーン。

f:id:phuketblog:20160904140417j:plain

ピザとパスタゾーン。

f:id:phuketblog:20160904140420j:plain

 

ちなみに、若いタイ人女性を連れた日本人おじさん的な方もいらっしゃいました。 タイ人女性も嬉しいところなんでしょうね!

 

本日のまとめ。

  1. 「プーケットでディナーするなら、シーフードかステーキか、どっちがいい?」と聞いて、プーケットに連れていきシーフードを食べる約束をとりつける。
  2. 金曜の18時にオープンエアの席を2人で予約
  3. ターゲットの女子を連れていき、その場でオープンエアか屋根ありの席かを選ばせる(せっかく頑張って英語で予約したのに!とか思っちゃいけません!)
  4. 飲める女の子なら白ワインをボトルで!ハウスワイン、または、キャンペーンのワインでも十分いけます。(長いものには巻かれましょう。だって大量仕入れだから安いもん)
  5. ナイフとフォークでシーフードは難易度が高いので、恥ずかしがらずにお箸を頼んじゃってください。タイ的にはOKです。

 

(追記:その後、続きを幾つか書いたので、ちょっとだけご紹介。)