ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

ノービザ滞在期間を30日延長するのは超簡単だった@タイ・プーケット

今日からシルバーウィーク!旦那の仕事で日本一時帰国!になりそうだったけど、なくなったので大人しく語学学校に通う毎日。タイ・プーケットは今雨季でオフシーズンだけど、この1週間はなかなか天気がよかったです^^早くハイシーズンになって、南国らしい燦々とふりそそぐ太陽を毎日拝みたいものです。

あと、気づいたら、来週水曜日でタイに滞在してから30日が経過!今ノービザで入国しているので、滞在期間を30日延長してきました。超簡単だったので、その報告をば。バンコクだと遠いし待つし時間がかかる!と聞いたのですが、パトンビーチは繁華街から2分だし、ほとんど待たないし、狭いオフィスなので全く迷わない!

 

⓪【初心者専用】ノンビザを延長って、どういう意味?

ご存知の方は飛ばしてください~日本人がタイに行く場合、30日以内の観光目的であればビザをとる必要がありません(=ノービザ)。ほとんどの旅行者はこれですが、私たちもノービザにしました。

で、このノービザでの滞在の場合、一度だけ滞在期間を延長できるのです。つまり、実質ノンビザでタイに滞在できるのは、30+30=60日間ということです。ただし、それには、最初の滞在期間(=30日)が切れる前に、イミグレーションオフィスに行って延長申請をしないといけません(そのうえでもちろん許可されなければいれません)。

ただ、この手続きが超楽なのです。しかも、英語もタイ語もほとんどいりません。ですから、もしタイに1-2か月滞在したいなと思った方は、ビザの心配せずとも大丈夫です!

ちなみに、ビザランと言って、滞在期間(=30日)が切れる直前に近隣諸国(ミャンマーとかラオスとか)にとんぼ帰りするという方法もあり、一応タイのルールを破っていないので合法なのですが。。まともな人はビザランし続けたりせずに、きちんとビザをとることが多いので、ビザランしすぎると、イミグレーションオフィス(入国管理局)に怪しまれて入国を拒否されたりします。

 

なので、私たちは、今回の滞在期間(合計60日分)が切れる頃に一旦タイを出て、EDビザ(教育ビザ)に切り替える予定です。

ちなみに、EDビザは英語かタイ語の語学学校に通えば発行されるそうです。私たちは、プーケットのパトンランゲージスクールに通い、EDビザを目指しております。タイ語学校の紹介はこちら。

(追記:英語クラスの紹介も書きました)

 

①必要な事前準備は?

さて、本題です。 まず、簡単だったと言っても、パトンビーチで海水浴の合間に手ぶらで「ちーっす、延長したいっす」といっていい、というわけではありません。(タイで、しかもプーケットなら何でもありか、というとそうでもなく、、)

でも必要なアイテムは2つだけ。

(1) パスポート(入国カードが挟まっているはずなのでお忘れなく!)

(2) 現金2,220THB

それだけかい!ゆるうさぎは不安だったので、コンドの賃貸契約書とか苗字変わる前のパスポートとか賄賂用のお金とか色々持っていたのですが、まったく不要。笑

 

用意するというほどではないのですが、我々は特に用意していないですが、もし持ち合わせていないと困る情報は2つ。

(3) 自分の電話番号と滞在ホテルの住所が携帯に入っていなければ、メモっていってくださいね。

(4) タイ人でも外国人でもよいのですが、だれか保証人の情報を書かないといけないので、一人で行く場合は住所、電話番号、会社名等も忘れずに。2人組の場合はお互いの情報を書き合えばよかっただけ。

 

②どこに行けばよいの?(パトンビーチかプーケットタウン)

プーケットには、イミグレーションオフィスが2つあります。どちらでも申請でき、その場で許可を貰えます。ゆるうさぎたちは平日パトンのタイ語の語学学校に通っているので、パトンに行ってきました。

 

@パトンビーチ=Phuket Immigration Office (Patong)

ビーチ沿いの道をバングラロードより少し北に行ったところにあります。

f:id:phuketblog:20160917212818p:plain

@プーケットタウン(Phuket Immigration Office)

スリンサークル時計台を南にずっと行くとあります。ちょっと遠い。

f:id:phuketblog:20160917213245p:plain


営業時間には注意してください!お昼休みがあります。パトンビーチは、10時~12時と、13時~15時が受付時間です。プーケットタウンは、8時半~12時と、13時~15時半(支払いがなければ16時半)です。

 お昼休みに行くとこんな感じ。ギリギリになると他にもビザ手続きしたい外国人が4-5人集まってきたので、5分前くらいに着くとよさそう。

f:id:phuketblog:20160917213842j:plain

 

③着いたらどうすればよいの?

オフィス内の写真は撮っていないので、言葉だとわかりにくいかもですが、、

(1) まず、隣のキンコース的な役割のところで、写真とパスポートのコピーをとります。写真は2枚で200THB、パスポートのコピーは2ページで20THBでした。(自分で別の場所で用意した方が安いと思うので、節約したい方は自分でやってきても大丈夫です)

パスポートのコピーは3つ必要で、顔写真のページ、入国スタンプのページ、出国カード(Departure card)です。私たちは出国カードがホッチキス止めされていなかったので、顔写真のページと一緒にコピーしてもらいました。

キンコース的な役割と言いましたが、ビザ系の申請に来る人たちしか使わないので、何も言わなくてもパスポート出して「Photo and copy please」といえば、勝手にコピーしてくれます。また、ここは13時ちょっと前からあいているので、5分前についたらまずこちらに寄って写真とコピーを用意してください。

 

(2) オフィスに入って申請書を書く

中に入ると、左に一人お姉さんが座っていて、ここで受付ちっくなことをしてくれます。「Extend non-visa」とかいえば申請書をくれるはずです。表裏2枚あって、見本もなくて、どこに何を書けばいいのかわからない、、でも、困ったらすぐお姉さんに聞いたら全部優しく教えてくれるので安心でした。また、間違えても2重線ひくだけで書き直しとかないですし、大体合っていれば大丈夫なので難しくないです。15分程かかりました。

もし不安な場合は、事前にこちらを両面印刷して記載したうえで持っていっても大丈夫だそうです。

http://immigration.go.th/nov2004/download/pdf/tm7.pdf

 

(3) 書き終わったら受付のお姉さんに渡して順番が来るのを待つ。

私たちは提出してから約15分待ちました。でもその間に、入国管理局のおかまちゃんが、ビザ申請に来た外国人男性をハンサムだと言って盛り上がっていたので、全然待った気がしませんでした。自由なオフィスだった。。

 

(4) 名前を呼ばれたら写真をとってお金を払ってパスポートをもらい終了。

順番が来たら名前を呼ばれます。なぜかまた写真をとって、お金を払います。申請料は2,000THBでした。すると、領収書と一緒に、パスポートが帰ってきます。この際に、30日ちゃんと延長されていることをきちんと確認してください。そして、終了。コープクンカーと笑顔を振りまいて、パトンビーチの海水浴にお戻りください。w。ここは2-3分で終わりました。

 

全部で30分強で終了です。

------------------------

というわけで、超簡単なノービザの滞在期間延長申請でした。英語もタイ語もいりません。「Photo and copy please」と「Extend non-visa」「コープクンカー」だけでいけます。アイテムを持って、パトンで遊ぶついでに行ってみてください~

* 私たちのケースなので保証はしませんよw

 

(追記:ビザの話を纏めました)