ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

タイとプーケットのオリジナルビールたち☆

どうも、ビール好き、ゆるうさぎです。外食のときは必ずビールから始めます。昼でもです。朝は外食しないけど、たぶん朝でも。タイでは元々チャーンビールが好きですが、この前初めてリオのドラフトバージョンを飲んだら結構おいしかったです。タイ人の中ではどの銘柄が人気なのか、気になったので調べてみました。タイのビールブランドの豆知識。しかし、ビールとタイ料理、最高の組み合わせですわ。。この記事をつまみに、みなさんも一杯どーぞー

ちなみに、特にビールの種類とか味とかについて詳しいわけではないです。。むしろ詳しい方、教えてください。

日本ではキリン一番搾りが好きです。先日ミャンマーでも生産・販売(輸入販売じゃないです!ミャンマーの水で作っています!)を開始し、1缶120円くらいだったので最高でした。

 

 f:id:phuketblog:20160925224554j:plain

         出所:Pinterest

 

1. 消費量でみると一番人気は、、、なんとLEO

みなさん、タイのビールというと、何が出てきますか?シンハーという方が多いのではないでしょうか。日本では一番見る銘柄です。その名もシンハー株式会社が作っています。

で、このシンハー株式会社から、低所得者向けに安いビールが別に出ているのです。それが、LEO(リオ)。低所得者向けですが、シンハーの弟分なので、ちゃんとおいしいビールです。たまに若者向けのブランドと勘違いされていますが、シンハーを毎日飲めない低所得者層向けで、マーケティング費用とかはあまりかけていないです。

日本では殆ど見かけないですが、タイのローカルショップや個人商店で売っています。

(追記:2016年12月に、シンハー株式会社から、若者向けのビールが発売されました。U Beerというやつです。パトンではあまり見かけない。。)

f:id:phuketblog:20170121121145j:plain

 

シンハー社に対抗しているのが、タイビバレッジ社。有名なのは、チャーンビールで、価格帯はシンハーよりリオに近い、低所得者向けに属しています。でも、タイビバレッジの看板商品なので、リオよりも広い層に飲まれています。

 

ちなみに、カールスバーグ社が1991年~2005年までタイビバレッジに出資していたので、味はヨーロッパレベル、おいしいです(カールスバーグは今シンハーに出資しています。ごちゃごちゃ)。

f:id:phuketblog:20160925224648j:plain

         出所:Pinterest、作成:ゆるうさぎ

 

この3ブランドが、消費量の約90%を占めています。順位でいうと、

 

  1. リオ:48%
  2. チャーン:27%
  3. シンハー:11%

 

です。リオ強いっすね!( 出所:Euromonitor、2014年)

 

最初はシンハー一強だったところ、安価なチャーンが登場してシンハーに打ち勝ってしまい、シンハーが同価格帯のリオを出してトップに躍り出た、というところですな。

 

2. 外国のプレミアムビールの人気は日本以上!

特にバンコクでタイ人がよく来るクラブにいくとわかりますが、タイ人のぼんぼん・お嬢たち富裕層若者は、ハイネケンとか、カールスバーグとかを飲んでいます。シンハーではなく。留学したり英語で学校通ったりという層もいますし、外国のビールを飲むのがかっこいいと思っていたりするみたいです。

 

実は、日本だと、外国産のビールなんて消費量の1%とかだと思いますが、タイは5%あります。タイのビール会社ランキングで見ても3位がタイ・アジア・パシフィック(TAP)で、ハイネケンの子会社です(ハイネケンのマーケットシェアが4%)。

f:id:phuketblog:20160925230125j:plain

                  出所:Euromonitor(2014年)、作成:ゆるうさぎ

 

ハイネケン自身、サッカーや音楽など、若者が好きそうなネタを使ってマーケティングキャンペーンをこれでもかというほどやっています。

f:id:phuketblog:20160925230816j:plain

ハイネケンがFacebookでやっていたキャンペーンの一例。「飲ん当たる!UEFAチャンピオンリーグへご招待!」的なものです。行きてぇぇぇぇ。

 

3. プーケットオリジナルビールもあります~来たら飲んでね!

もしかしたら、見たことがある人がいるかもしれませんが、私はプーケットに移住するまで知りませんでした。その名も、プーケットラガービール

f:id:phuketblog:20160925231356j:plain

 

日本では時期によって発売したりやめたりしているみたいです。製造元は、フィリピンで一番有名なサンミゲルというビールブランドを作っている、サンミゲル社のタイ工場。プーケット関係ないやん!!笑。

 

というわけで、プーケットで作られたビールを飲みたい方は、こちらです。フルムーンブルーワークスという、小さな地ビール工場です。今は8種類のクラフトビールを作っているみたいです。日本には輸出していないメーカーさんなので、レアですよ!プーケットっぽいですね!味はおいしいです^^

 

パトンビーチのバングラ通り近くにある、ジャンクセイロンという大きなショッピングモール。こちらに、この地ビール工場がビアガーデンを出しているので、ビール好きな方は、是非足を運んでみてください。お土産も買えます!

Full Moon Brew Work, Patong - TripAdvisor

 

なかなかタイにいけない日本の皆様は、Amazonでシンハーとチャーンは売っていました。リオとプーケットのビールは、いつか飲みにいらしてください^^