ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

ポケモンGOを海外旅行中に遊んでみる【タイ・プーケット、2016年9月版】

海外旅行って結構歩くので、旅行者とポケモンGOは結構親和性が高いかと思います。なので、体験談を兼ねて、旅行中のイロハをブログに纏めておきます~

ちなみに、ゆるうさぎは、ポケモン素人です。1996年の発売当時、テニスに夢中だった田舎っ子は、このゲームにまったく興味をそそられず、手をつけても耳を澄ませてものぞき込んでもいませんでした。

 

なのに今回、アメリカで大ヒットしたのを見て、興味がわきました。ポケモンGOが配信開始された8月後半、早速やり始め、初めてポッポとかコラッタという名前を知りました。お気に入りはイーブイちゃんです。

 

 

1. そもそもインターネット・通信はどうするか

(1) データ通信量

ポケモンGOってすごくバッテリーを食うことは有名ですが、データ通信量ってどうなのでしょうか?実は、ものすごく少ないのです。

私の場合でいうと、プーケットのパトンビーチからプーケットタウンまで1時間バスに乗っている間、ずっと画面をいじっている感じで、10MBくらいです。

下記のサイトでまとまっていますが、1時間10MBというのは、一般的みたいです。

 

(2) 無料WIFIを使う(海外でインターネットに繋ぐ方法 その1)

さて、海外でインターネットにつなぐ方法は、主に3つあります。まず、お金を節約したい方向けに、無料WIFIを拾う方法。

プーケットでは、カフェやレストラン、ホテルなど、無料WIFIが飛んでいるところはたくさんあります。でも電波が届く範囲が限られているので、歩きながらは難しいですね。なので、ポケストップのあるレストランでごはんをしながらルアーモジュールを使う感じがよいかと思います。

あと、大きなショッピングモールは無料WIFIがあり、ポケストップも多く、ポケモンも大量発生するので、カップルの女子側が買い物している間、「似合うね」「かわいいよ」と言って真剣に付き合っているようにアピールする傍ら、無料インターネットでポケモンGOを楽しむのもよいでしょう。この場合、一番のお勧めは、ジャンクセイロン。あと、もしセントラルにいる場合は、WINE CONNECTIONというタイのイタリア料理チェーン店が結構中央にあるので、ポケモンもそこそこ取れます。

 

(3) タイのSIMカードを買う(海外でインターネットに繋ぐ方法 その2)

旅行者向けに期間限定のSIMカードがタイでは売られています。SIMフリーの携帯電話を持っている方は、現地でSIMカードを買えば、断然安くすみます。例えば、インターネット3日間で200バーツ=600円というのがあります(電話は不可、最大1GB)。

 

携帯のキャリア(ドコモとかAUとか)は大手3社あるのですが、値段だけを総合的に見ると、True Moveがよいです。電波が悪いとかサービスの質が悪いとかいう評判も聞きますが、プーケットでは電波の問題はありません。また、旅行者は特にカスタマーセンターとやり取りしないと思うので、サービスの質は関係ないですね。なので、True Moveでよいと思います。細かい料金表はこちらのブログにまとまっていたので、ご参考にしてください。

 

なお、私は30日以上滞在しているので、プリペイドSIMカードにしました。詳しくは、以前の記事をご覧ください。

 

(4) 日本でポケットWIFIをレンタルする場合(海外でインターネットに繋ぐ方法 その3)

あと、日本でWIFIルーターを借りるという方法もあるかと思います。有名どころだとイモトのCMのとかがありますね。

関係ないですが、前も書きましたが、イモトは好きです。

 

2. いざ、海外でポケモンげっとだぜっ!

(1) レアポケモンの場合

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ようやくポケモンGOの話。最初に言い忘れましたが、私は図鑑コンプリートを目標にしておりますので、ジムのことはよくわかっていません。この前初めて対戦してみたのですが、戦っている最中にポケモンを長押しするとなんか強いのを出せると言われているのですが、長押しを認識してもらえず、ぼぉーーっとしてお亡くなりになってしまうだけなので超つまらん。涙。

というわけで、まずはレアポケモンについて。日本でレアポケモンっていうと、こんな感じみたいですね。


今のところ1か月以上プレイしていますが、私は、残念ながら、SSとSは見たことがありません。。でも、リザードンはプーケットで確認されているようなので、私も捕まえたい。。

また、地域別ポケモンはいません。日本と同じくアジア地域として認識されているので、カモネギさんがいらっしゃってもおかしくないのですが、タイには生息しているものの、プーケットでは見られません。。

でも、それじゃ寂しいので、結構レアなのもいますよ、というアピール♪

1か月で私が見つけたレアポケモン

  • プテラ(レア度A+)
  • エビワラー(レア度A)
  • サワムラー(レア度A)
  • シャワーズ(レア度A)←でもイーブイはたくさんいるのでいらないか。。

 

これらを見たのは、プーケット~パトンビーチを繋ぐバスの中や、プーケットタウンやパトンビーチでも少し外れのところです。繁華街にはあまりいないなという印象です。(でも、ミャンマーに住んでいた時、一番の観光名所、シュエダゴンパゴダにカビゴンがいたので、プーケットで私が出会っていないだけかもしれません)

 

そして、ここでとっておきの情報!!

海外でレアキャラが出没するスポットを検索するには、Pokecrewがよいです。

https://www.pokecrew.com

 

これで、「Search Location for Pokemon」にPhuketと入力して、「What Pokemon are you looking for?」のところに、ほしいポケモンの英語名を入れればOK。英語名は下記のサイトで検索してください。

 

iPhoneアプリ、アンドロイドアプリ、ウェブサイドどれでもOKです。位置情報サービスを使えば、今いるところの周りのポケモンを探してくれます。ただ、こちら過去1週間の履歴を一気に表示するので、今出るか/いるかはわかりません。

 

例えば、リザードン(Charizard)。

f:id:phuketblog:20160930173724p:plain

あと、カモネギ(Farfetch’d)。オレンジの▲あたりがプーケットなのですが、見当たりませんね。。

f:id:phuketblog:20160930174629j:plain

 

というわけで、Pokecrewを活用しながら、レアキャラ探してみてください^^

 

(2) 進化系ポケモンの場合

「(1) レアポケモンの場合」で書きましたが、プーケットの場合、レアポケモンは有名な観光名所から少し離れたところに多い印象です。一方で、世界中でそうですが、有名な観光名所はポケストップが多く、またポケモンもたくさん現れますよね。

プーケットの場合、観光名所にはレアポケモンではなく、進化形ポケモンが多くあらわれたりします。おすすめは、パトンビーチ。南北に歩いても30分くらいですが、ここでコイキング、ミニリュウ、メノクラゲがボコボコ出現します。あと、ポケストップが多いです。

なので、お散歩がてら、ビーチ沿いをぶらぶらしながら、進化形ポケモンをコレクトしてみてください。たまに、全然でないときもあるので、その場合はちょっとビールでも飲んで休憩してからもう一度やってみてください。

 

先ほどご紹介したPokecrewでは、ポケモンの巣も探せます。例えば、Phuketとコイキング(Magikarp)と入力すると、こんな感じ。パトンビーチにズームすると、、、わお。コイキング祭りです^^

f:id:phuketblog:20160930173524j:plain

ここでお香を焚いたりすると、コイキングがビーチ沿いでびちびちしまくっています。ちょっとキモイ。。

 

3. プーケットでのおすすめの遊び方①

(1) パトンビーチ~プーケットタウンのバスに乗る 

これは、まじで、おすすめです。レアキャラ探しと進化形ポケモン祭りを組み合わせられて、最強になります。

 バスの乗り方はこちらから。

 

私の場合、まず、パトンビーチでお香を焚いてしあわせたまごを装備します。そして、プーケットタウンまでのバスに乗ります。あとARモードを解除します。外国人に携帯の画面向けられてもいい気分をしないでしょうから。これで準備完了。

 

ポケモンも出ますが、ポケストップも結構あるので、大体1時間の移動中、ずっと画面をいじっている感じになります。とある日の私の成果は、

 

  • ポケモン38匹
  • ポケストップ22か所
  • 17180XP獲得、でした。

 

日本はきっともっとすごいのでしょうが、個人的には移動がすごく楽しくなっています。

 

(2) ポケモンGOツアーに参加する

 

私は参加したことがないのですが、旅行会社がポケモンGOツアーなるものを組んでいます。

ツアーと言ってもタクシーを借りるような感じです。6時間で島をぐるっと回り、2000バーツ=6000円です。興味のある方は事前予約が必要だそうなので、ホテルの受付の人にでもお願いして、ツアー会社に電話してみてください。

私も一回ネタ作りにいってみようかなぁ。笑。でも1日つぶれちゃいますね。。

 

4. タイ特有のポケモンGOの遊び方

(1) 注意点~これはやっちゃだめだよ、タイルール~

8月9日に「タイ政府は、寺院、鉄道施設、病院、公道上、政府庁舎内などで遊ぶことは規制すべきだとの結論で合意した」という記事が流れましたが、その後そのルールは施行されてはいません。寺院がポケストップになっていることもよくあります。

2016年9月現在、これが適用されたケースなどは新聞に出てきていないように思うので、基本的に法律的には何でもありかと思います!

 

が、ここは日本とは違います。宗教系で誰かの気分を害してしまうことも図らずともあるかと思います。また、権益を持った人たちからしてみれば不利益を与えてしまったり気に食わないと思われてしまったりすることもあるかと思います。法律に書いていないから、旅行者で知らないから、英語わからないから、では通いないのでおきをつけください。

 

こういったことはほとんどないですが、確率論ではなく経験するかしないか、ゼロイチの問題なので、上記のような場所では控えるに越したことはないでしょう。 

 

楽しいポケモンGO、楽しいプーケット旅行が台無しにならないよう、危ない橋はたたかず渡らず、楽しくいきましょう♪

 

(2) タイにはポケモンGO保険がある

ちょっと前に日本でニュースになっていたので見たことがある人もいるかもしれませんが、タイの保険会社がこんなものを出しています。

「ゲーム中にけがをした場合、保険会社が最大3万バーツ(約9万円)を補償する変わり種の商品だ」


で、この保険の面白いところは、携帯の画面が割れたときも、補償してくれるのです。30日間有効で300円=99バーツ払えば、修理代6000円=2000バーツまでお金が返ってきます。

http://pokesurance.asiainsurance.co.th

 

私、正にポケモンGOプレイ中に落としてiPhone6+の画面割ってしまったので、これ入っておけばよかったと思っているところです。とはいえ、サイトが全部タイ語なので入れませんけどね!笑

 

-------------------

というわけで、随分長くなってしまいましたが、ポケモンGOをプーケットで遊んでみたので、皆様にも是非遊んでほしいと思って書いてみました!いやぁポケモンGO中毒だわ、これ。。笑

 

ちなみに、ポケモンの前にはまっていたのは、キャンディクラッシュです。