ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

旅行先の治安を確認する簡単な方法(タイ・プーケット移住42日目)

あっという間に10月ですね。早速9月の家計簿をしめてみたのですが、何とか目標達成です!最後1週間はお弁当にしてランチ代を節約しました^^

さて、夏休み、シルバーウィークも終わり、次の楽しみは年末年始ですね!タイでは、4月に1-2週間のタイ正月休みがあるので、私はそれを楽しみにしています^^(といっても語学学校に通っているニートなのでちゃっかり日々楽しんでいますが。。笑)

でもなんか、最近海外で物騒な事件が日本のニュースでも流れますよね。。私自身、プーケットに住み始める直前に、プーケットでの爆発事件がありちょっとびっくりしちゃいました。


ほとんどの人は事故や病気に巻き込まれないものですが、情報はきちんと入手しておいた方がとっさのときに行動しやすいかと思います。なので、旅行行くときに簡単に治安を確認できる方法を、私なりにご紹介します^^

おひとりさまも、カップルも、子供連れのご家族も、海外旅行をどんどん楽しめますように♪

 

 

1. 行きたい国の危険情報をチェック

日本政府(外務省)が危険情報をウェブサイトで公開しています。例えば、タイに旅行に行く前には、こちらをクリックしてみてください。感染症危険情報と普通の危険情報(治安系)の2つがあり、地図の下にある小さい別の地図をクリックすると、2つが切り替わります。

 

今だと、感染症危険情報はレベル1ですね。1か月ほど前に、シンガポールでジカ熱の国内感染が拡大というニュースがありましたが、タイでも国内感染が出ています。ただ、それほど規模は大きくないですし、実は毎年感染者は出ているので、今までも確率は0ではなかったのです。個人的には、まだ渡航を見合わせる規模じゃないかなと思います。

外務省は、「特に妊娠中の方又は妊娠を予定している方は、流行国・地域への渡航・滞在を可能な限りお控えください。」とのこと。シンガポールでは日本大使館が説明会を開いたりしているみたいです。

 

危険情報は、タイのほとんどの地域で、「レベル1:十分注意してください」。南部や国境付近では「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」もありますが、これらの地域に入らなければまったく問題ありません。プーケットでも連続爆弾事件はあまり注目されていません。爆発自体が小さかったのと(殺傷性もほとんどない)、それよりも交通事故の方が頻発していて危ないので、ニュース性はないようです。。

なので、もちろん注意はしますが、治安は非常によいかと思います。

 

以前、交通事故については調べてみました。

 

なお、海外のサイトには、もっと過激なランキング(世界平和指数とか、テロ危険度マップとか)もあります。下はテロ危険度マップですが、タイは超危険らしいです。でも、上の外務省のサイトを見るとわかるように、南部は危険なので、タイ国でテロがあるか?となると、めっちゃある!となってしまうんですよね。。国単位で見たものはあまり旅行に役立たないと思っています。(が野次馬的には面白いですね^^)

f:id:phuketblog:20161001125457p:plain

Mapped: Terror threat around the world - Telegraph

 

2. ガイドブックの「よくある犯罪」情報をチェック

じゃあ、実際に何に注意すればよいの?というところですよね。いきなり新しい犯罪、予見のされていない犯罪に巻き込まれることは少ないです。基本は、その地域でよく起きる犯罪が繰り返し行われています。つまり、既に被害者がいるということ。こういう情報は、地球の歩き方によく載っています。欄外コラム後ろのページにまとまっています。

 

ググっても色々できますが、偏っている場合もあるので、ガイドと両方チェックする方がよいでしょう。ちなみに、日本人があっている犯罪は、こんな感じらしいです。

  1. 睡眠薬強盗 (知らない人から食物をもらわない、客のいないお店に行かない)
  2. いかさま賭博 (知らない人についていかない)
  3. 見せ金詐欺 (両替してくれ、日本円を見せてくれという話は無視する)
  4. わいせつ犯罪 (深夜のタクシーに女性一人で乗るのは極力避ける)
  5. 集団スリ (1人での移動中は特に荷物管理を気をつける)
  6. スリ,置き引き,ニセ警官 (荷物管理に注意、警察とは警察署で話をする)
  7. バイクを利用した犯罪及び路上強盗の手口 (荷物は車道側ではない手で持つ)

バンコクの治安情報。タイで日本人が被害にあっている7つの犯罪とは? | (グロビジ!)

 

3. 渡航中の事故・テロなどに対応できるシステムに登録

さて、いざ出発すると、旅行中ってあまりニュース見なくて治安情報から疎くなったりしませんか?(ゆるうさぎはホテルの部屋に戻ると速攻寝てしまうのでいつもあまり見ていません。。)

 

そんな方も安心!なのが、たびレジです。これも日本政府(外務省)が運用しているものです。「タイに5日間旅行に行くよ」と登録しておけば、タイでの緊急事態発生時にメールで連絡がいったり、いざというときの安否確認がちゃんと来たりします。

 

例えば、2005年にプーケットで津波が発生しましたが、たびレジに登録していれば、「その時プーケットにいる人」に数えられ、安否確認(なにかあれば捜索)などに活かされます。

あと、爆発事件のときなんかは、緊急メールが流れ、「こういった事件がありましたよ。気を付けてください」という情報が手に入ります。旅行先に知り合いがいないときなんかは、これって重要な情報源になります。

 

というわけで、きちんと情報を手にしながら、旅行を楽しみ、安全・無事に旅行を終え、おうちに帰って友達や家族にプーケット自慢をしてください~

 

ちょっと古い本ですが、海外のちょっと危険だったエピソードがたくさん入った本です。行きの飛行機でパラパラ読んでみてもよいかもです。タイのエピソードもありますよ~