ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

カップルでナイトライフを楽しむ③プーケット・ゴーゴーボーイ

ちょっと前のことですが、プーケットの繁華街・パトンビーチ近くのゴーゴーボーイに旦那と行ってきました。個人的には、途中まではすごく楽しかったです!

最後の方は許容範囲を超えた別世界に行ってしまったので、あまり思い出したくない。。ので、その手前の楽しかったところだけ書きます^^

バンコクにも結構あるようなので、タイに旅行する方は一度は行ってみたいと思っているでしょう。。

ゴーゴーバーは楽しかった話。 

ニューハーフ(おかま)ショーもいい経験。

 

というわけで、今回も旦那と二人で行ってきました。カップルでナイトライフを楽しむ第3弾。カップルの体験記なので、ディープなところまでは踏み込んでいません。キレイなところだけ体験してるので、読んでくれる人によっては物足りないかも。ごめんなさい!

 

1. 老舗のゴーゴーボーイ、My Way Cabaret(マイウェイキャバレー)に行ってみた

ゴーゴーバーの男版、それがゴーゴーボーイ。要は、ステージで踊っているムキムキな男性たちを見ながら飲み、席に呼んだり別の店に連れて行ったりできるバー。お客さんは、男性(ゲイ)も女性(ノーマル)も両方います。

ゴーゴーボーイさんたちは、お店によって、ブーメランパンツ一丁だったりもするようですが、私たちがいったところは、スキニーパンツ(ズボンです!)を来た上半身裸な方々でした。

 

ちなみに、前提として、私は男性と結婚してますし、恋愛対象でいうと男性が好きです。ただ、売春までなると、全く興味がないです。あと、多くの(?)男性がおっぱいを見ることに興味ありなようですが、別に多くの女性がアソコを見ることに興味があるわけではないです。私も、見ること自体にも興味はありません。なので、ゴーゴーボーイで何すんねん?という感じではあります。汗。

 

ただ、アラサーも後半戦ですが、今でも好奇心は青春時代なみに旺盛です!なんてったって、見たことのない知らない世界・価値観に出会うのは大好きです。なので、一人でも、女子同士でも、勇気が出ないし何もすることがないのでゴーゴーバーには行ったことがなかったですが、旦那とならいけるかも、ということで行ってきました。こういうのが、結婚することのメリットの一つですかね。笑

 

という私みたいな前提の女子の皆様は、まず、しこたまお酒を呑んでからいってください。飲まなきゃ見てらんねぇ。あっでももしそうでない前提の皆様は、逆にシラフで行った方がよいのでしょう。笑

 

で、初体験の私たちが選んだのは、パトンビーチで一番の老舗と言われている(らしい)My Way Cabaret(マイウェイキャバレー)です。

 

Royal Paradise Hotelの前の3本の小道がゲイエリアらしいのですが、その中の一番北側の通りを入って右側にあります。バングラ通りからだと、ジャンクセイロンの前の通り(ビーチから2本目の通り、Songroipi Road)を北に3分程進み、水色のゲートがある通りが、その小道です。

f:id:phuketblog:20161003002835j:plain

f:id:phuketblog:20161003002836p:plain

お店の前では、羽の生えた金色の全裸男性の像がグリコポーズみたいなのをしています。なんでやねん。

http://net.glico.jp/corporate/20151001/images/top/15_main_visual.png

 

2. どんな感じかというと、、

さぁいざ、ライトブルーのゲートをくぐると、もうお兄さんたちが、旦那めがけてくねくね寄ってきます。すりすりと誘ってきます。私はというと、笑いを堪えるのに必死。あと、嫉妬?されても怖いので、旦那から距離を置いて歩きました。残念ながら私にはだれもすりすり寄ってこないので、すたすた行けました。

 

そして、お目当てのマイウェイキャバレーの前にもお兄さん達がたくさんいました。とりあえず一人に声をかけられ、中に案内されました。飲み物はビール一本120バーツでした。私たちは結局男性を席につけなかったので、240バーツ(750円くらい)で過ごしました。1人400円せずに初体験ができるなんて、コスパいいですよね!

 

私たちが2番目のお客さんでした。着いたのが21時半で、メインのショーが始まったのが22時半。みんな22時半を目指してくるみたいですね。

 

ソファーに座ると、ステージが2段あり、上でも下でも、ムキムキのお兄さんがウォーキングからのポージングしています。これ、イメージ画像(@ベストボディジャパン)パンツはもっとタイトでしたが。。

http://kentaroabiko.com/wp-content/uploads/2015/07/IMG_5597.jpg

 

音楽に合わせて、出番が来たら、2階からステージに出て、次のタイミングで1階におり、その次のタイミングで客席の真ん中を通ってステージ裏に引っ込み、出番を待つ、という流れでした。

 

3. 楽しかったお立ち台ウォーキングタイム

20人くらいの男性が順番にステージに現れるので、旦那とともに、一人ひとり評価して楽しみました。

あれは顔採用だね、とか。やっぱきゃしゃで童顔な感じも取り揃えているんだね、とか。

 

と最初は悠長に観察していたのですが、次第に客席の中をとおるときに、近寄ってくる男性が現れました。結果、私、なんと、2名の男性に狙われました。モテ期っ!?(キャバ嬢にモテるんだよねぇという男の人みたい。。)

 

一人は、超マッチョで顔もまさにゴリラ(すみません。失礼ですよね。。)。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201409/14/07/a0212807_13558.jpg

 

 

もう一人は、マッチョですが、顔はイケメン。白戸家のお兄ちゃんみたいでした。

http://i0.wp.com/majical.net/wp-content/uploads/2016/06/CdJS2DkUYAAk3H9.jpg?w=580

 

席には呼ばなかったのですが、少しおしゃべりはしました。席に呼ぶ方は、こんなのがあると話が弾むと思います。

 

ゴリラは31歳(結構年いっているのね・・・)。元ムエタイの選手だそうで、筋肉は店内一位でした。そして筋肉アピールがすごく、すごい触らせてくれます。2の腕がコンクリートみたいに硬かったです。

 

白戸家のお兄ちゃんは30歳。出身はタイの北の方で、バツイチだそうです。子供もいるそうで、養育費を稼いでいるとのこと。。(子供が思春期になったら、「俺のこのご飯は、父ちゃんが男の人に触られてもらったお金なんだ・・・」とか考えこんじゃうんでしょうか。。)なんか妄想すると切なくなってきてしまいました。。

 

4. どんな人が来ていたか?

メインのショーが始まる、22時半になるころには、12組くらいお客さんがいて、8割ほど満席になっていました。こんな人たちがいましたね。

  • 私たちカップル
  • アジア人女性2人組:日本人かもです。バンコクでは、男性を買う日本人女子ってのが一定数いると聞きました。。男性をテーブルにつけてべたべたしていたので、ベテランさんでしたね。。
  • 男性2人組カップル:何組かいました。手を繋いだりいちゃいちゃしながら見学していました。
  • 男性1人:残りはこれです。白人おじいちゃんが多かったです。真剣なまなざし。

 

5. 一転、興ざめしたメインショー

というのも、これは、私みたいな初心者、冷やかし野郎が足を踏み入れてはいけない世界でした。。本気で売りにきます。本気で買おうとしています。「わーい、なんか、ゴリラとか、白戸家のお兄ちゃんとか、色々いて、このグリコポーズのお店、楽しいね」なんて言っているやつは、ふるいにかけて落とされます。

刺激の強いふるいです。グロテスクでした。記憶からなくしたので詳細は書きませんが、露出が半端ないのと、参加を求められます。ステージに人がいなく、見るものは他の客の参加度合いっていう時間も結構ありました。。やっぱりここにいてもやることない。。

 

というわけで、私みたいなカップルで楽しみたい人は、22時半まで一人120バーツで居座り、ゴーゴーボーイをぷち体験することをおすすめします~

 

もっとソフトなカップルでナイトライフはこちらです。