ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

キャンディークラッシュ、2000レベルまでクリア!裏ステージは全クリ済。

最近はもっぱらポケモンGOですが、2年住んだミャンマーではひたすらキャンディークラッシュをやっていました。2013年のシンガポール時代に始めたので、合計3年間、3か国でプレーしまくっていました。

そして、ついに、2,000面までクリアしました~わーい。

普通の女の子に戻りたい。ので、これでキャンディークラッシュは卒業します!(というかクリアして3週間くらい経つので、無事卒業できました)3年間共に過ごした日々を振り返りながら、記念に投稿。

 

1. 魅力:何かやっちゃう。

それ魅力かよ!?って感じですが、なんでそんなハマったのか、一生懸命考えてみたのですが、わかりません(笑。頭が弱いせいか。。)何かやっちゃうんだよねーという言葉が一番しっくりきます。

ところで、今年の7月から始まったCMの新シリーズ見ました?第1期は多部未華子さん、第2期はV6の岡田君、第3期は関ジャニ、そして今回の第4期は、ソフトバンクばりのぶっ飛んでる家族のお話です。ちなみに、お母さん役の声優は夏木マリさん。湯婆婆の声でお母さん!笑。

そのなかで、一番好きなバージョンが、このC篇ですね。

名ゼリフ:「人類のストレス解消のために、キャンディークラッシュシリーズはあるんやで」

キャッチコピーは、なんか腹立つ、みたいですが、やっぱりこの「なんか」っていうのがキャンディークラッシュの魅力だとCM制作社さん(クレジット見ると、話題の電通さんですね)も考えたのでしょうか。

なんかハマる。なんか面白い。なんかムカつく。なんか息抜きしたい。なんか気分転換したい。そんな感じで続ける人が多いのでしょう。

 

また、8月に出た続編では、、堂々とポケモンGOをdisってます。

なんか、ウケる。

 

2. 2000レベルクリアってどんな感じ?

これです、2000レベルをクリアしたときの画面。

f:id:phuketblog:20161022110716p:plain

4週間前に、2000レベルが解禁になったときに、記念キャンペーンをやっていて、誰でも2000レベルだけはプレーできたのですが、それだけじゃない証拠に、エピソード134も開いたところをスクショ。

f:id:phuketblog:20161022110844p:plain

あと、裏ステージ(ドリームワールド)もクリアしました。表と違って裏は665レベルで終わりです。裏ステージはふくろうくんがメインキャラなのですが、「そろそろ起きる時間だよ」とかわいくさよならされます。

f:id:phuketblog:20161022110945p:plain

なのに、起きたら起きたで表ステージはまだ工事中だったり(毎週15レベルずつしか公開されないので、一旦追いつくと、毎週水曜の夕方が待ち遠しくなります)

f:id:phuketblog:20161022111210p:plain

ちなみに、最後の1-2か月は、ついにトッププレーヤーと認定されました!基準はわかりませんが、全世界で1兆回プレーされているので、人生で一番世界ランキングが高かった瞬間だと思います。

f:id:phuketblog:20161022111514p:plain

ぷち自慢しちゃいました♪あは。

 

3. 攻略法

一円も使っていません。キング・デジタル・エンターテインメント社さん(現在はアクティビジョン・ブリザード社に買収されましたが)、すみません。

挑戦できる回数が「ライフ」という回数で決められていて、30分ごとに1ライフ増えますが最大5ライフまでしか貯金できません。なので、一気に10回とか挑戦したいけど、5回プレーして2時間半待ってまた5回プレーするのが嫌な方は、課金してライフの貯金を増やすことができます。

ほかにも色々アイテムを買ったりできるのですが、結局私は課金しませんでした。なんかはまってるけど、なんかお金は払いたくなかったので。。

 

じゃあどうやったかというと、単純にめっちゃプレーした、って感じです。キャンディークラッシュのよいところは、オフラインでプレーできるところ。2年前のミャンマーは、Facebookのタイムラインすら表示するのに5分かかったりするインターネット後進国でした。

しかも、電車がないので基本タクシーで移動するのですが、道がぼこぼこで本を読むと車酔いしてしまうゆるうさぎ。。あげく、渋滞は激しいので、東京だったら地下鉄使って5分で行ける距離に車で1時間かけていました。

とすると、できることは、タクシーの運転手さんと片言ミャンマー語トークするか、寝るか(クーラーないので暑くて寝れない)、ぼーっとするか、キャンディークラッシュするか、でした。こうなると、キャンディークラッシュをやる時間が圧倒的に増えました。周囲の友達は移動がイライラするといっていましたが、私は移動時間が待ち遠しいくらいです。まさに、「人類のストレス解消のために、キャンディークラッシュシリーズはあるんやで」です。ただの金持ちパパ、ありがとうToT(大事なのでもう一度載せます)

 

意味のないところに意味を見出しがちな最近の社会ですが、なんか楽しい、なんかはまった、なんかクリアできた、なんか難しい、、で終わらせられる、気軽なゲームということで、楽しかったです~

ちなみに、やめる理由は、なんかつまらなくなってきたから。笑。今はまっているのは、ポケモンGO。

 

まぁ、プーケットに住むと、他にも楽しいことがたくさんですし、オフラインになるのは飛行機乗るときくらいですし、ポケモンGOありますし。というわけで、キャンディークラッシュ様、お世話になりました!!ありがとう!!

キャンディークラッシュ

キャンディークラッシュ

  • King
  • ゲーム
  • 無料