ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

今日からプーケット生活がスタート!

はじめまして、ゆるうさぎです。
今日からプーケットに移住しました。
去年結婚した旦那さんと二人です。
よろしくお願いします~

 

元々、「いつか南の島でゆっくりペンションでもやりながら暮らしたいね」と旦那とはなしていたのですが、ひょんなことから「いつやるの!?今でしょ!」となり(ゆくゆくその辺も書こうかな^^)、どの南の島にしようかねーというところから移住地を選びました。プーケットに決めたのは3つ。

 

1. まず、海がキレイ!!

f:id:phuketblog:20160822212714j:plain

f:id:phuketblog:20160822212719j:plain

f:id:phuketblog:20160822212518j:plain

 https://suwalls.com/beaches/phuket-13964/

 

Trip advisorsも、Retripも、心躍る記事を書いています。

Trip advisor:世界のベストアイランドで8位にランクイン!東南アジアでは、バリ島(5位)の次です~「エメラルドグリーンの美しいビーチと豊かな熱帯雨林に囲まれた島では、マリンスポーツはもちろん、森の中のトレッキングやシーカヌーも楽しめることから、アクティブ派にも人気が高い」との評判

世界のベストアイランドランクング2016 | TRIPPING!

Retrip:「笑っちゃうほど綺麗すぎた」という釣りに釣られてしまう。。

南国リゾート地!タイ「プーケット」の極上ビーチが笑っちゃうほど綺麗すぎた! | RETRIP[リトリップ]

南の島に住みたい!といって、誇らしい海がないというのはちょっと寂しいですよね。プーケット周辺にはいろんなビーチや島があるので、これから色々回ってみたいです!

>ビーチ旅行に持っていくものをリストアップしてみました~ご参考までに。。

 

2. 「微笑みの国」タイのスマイルが愛くるしい♡

f:id:phuketblog:20160822220107j:plain

タイは、「微笑みの国」として知られていますね。私も実際空港に降り立った瞬間から、街を歩いているときでも、微笑みを交わし合うことがよくあります。私自身、「笑う門には福来る」と思っていろんなことを笑い飛ばしてきました。(アラフォーにこんにちはしそうなアラサーなので、それなりのことは経験してきました。笑)なんとなく、私の価値観にフィットするなぁ、ストレスが少なそうだなぁというのが、結構大きな理由です。

ちなみに、タイの大手航空会社や政府機関も、「微笑みの国」にかけて大々的に日本人向けのタイ旅行をプロモーションしています。「最近、笑っていますか?微笑みの国タイには、いつも笑顔があふれています」。このプロモーションキャンペーン結構好きです。癒されます。

 >こちらはタイ旅行で感じた「タイってどんな国?」を知れる面白い本です(男性目線ですが) 

3. 南の島としては、かなり都会!

プーケットって都会!?と思われる方が多いかと思いますが。。実は、私、直前まで2年間ミャンマーのヤンゴンに住んでいました。ヤンゴンは、ミャンマーでの最大都市ではあるのですが、ないものがたくさん!スタバ・マックといった有名チェーンはなく、日本の食材も少なく(日本に帰った時に大量にハンドキャリーしていました)、ネットは今年になって3Gがちゃんと使えるようになったという。。もちろん、いいところはたくさんあって、すごくいい2年間を過ごした(旦那もゲットできたし。笑)のですが、実はちょっと「ないものを数えない」とか「足るを知る」とかいう価値観に疲れ、飽き始めていたのも事実。。なので、南の島という憧れもありつつ、色々と欲しいものがある都会に行きたい!と思っていました。

(追記:ミャンマーの思い出も書いておきました。

もちろん東京やバンコクといった大都市と比べると、プーケットでも、ないもの・不便なことが多々あるのだと思いますが、それでも南の島の中では結構物が揃っています。

というのもまず、プーケットに外国人が多いという点。(アジア太平洋地域での外国人宿泊数で、第5位、島では1位!年間930万人で、東京の1,180万人に匹敵する規模!)

http://newsroom.mastercard.com/asia-pacific/press-releases/bangkok-claims-top-spot-in-mastercards-inaugural-asia-pacific-destinations-index/

あと、タイに日本人が多いという点。(日本人が多い国5位、6.4万人もいます!)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/japanese.html

などなどの理由から、外国人向けの物・サービス、そして特に日本人向けの物も多いのです。具体的な食べ物情報や住みやすさ度合いはこれからいろいろと書いていきたいと思います!とりあえず、今日は納豆がスーパーにあるのを見てはしゃいでおりました。(子供か。。)

>プーケットで楽しめる日本のものはこんなところ 

 

ちなみに、初日はトラブルなく、むしろポジティブサプライズの方が多くて、新生活がますます楽しみになっています^^こんな取りとめのない感じですが、ブログ、続くといいな♪

 

>そのあと、2年かけてようやく100記事達成したので、お祝い記事も是非合わせてどうぞ♪