ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

苦手なプレゼントを毎年贈る方法(両親・義両親へ)

0. プロローグ

季節や記念日の挨拶が苦手です。

年賀状はここ15年送っていません。

もちろんお中元・お歳暮なんて送ったことありません。

Facebookが教えてくれる「今日は〇〇の誕生日です」もガン無視です。
ましてや誕生日プレゼントは送りません。彼氏/旦那だけです。

結婚祝いも結婚式に出たということで送っていません。
友達には、出産祝いだけ頑張っています。

結婚の報告はがきも4か月後にようやく出しました。
結婚のときもご祝儀は極力もらわないようにして、ご祝儀返しは少なく済ませました。

 

旦那にも、あげるのは誕生日プレゼントくらいです。
ただ、旅行が好きなので、事あるごとに、記念日旅行には行きます。
付き合った記念日、プロポーズ記念日、結婚記念日兼2人の誕生日、タイや日本の年末年始、、、
正直に言うと、旅行に行く、言い訳として記念日や季節を利用しております。

↓誕生日プレゼントをあげたことを自慢した記事。笑 


そんなゆるうさぎでも、唯一頑張ろうと思っているのは、両親・義両親の誕生日プレゼントです。

最初は何となく始めたところもあるのですが、、、笑

というのも、ゆるうさぎ夫婦を産み育てた親なので、自分のお祝い事なんて面倒だからいいわよ、特にほしいものなんてないわよ、というスタイルの親たち。

 

それでも1年に1度は人から物を貰う、そして主役となる非日常があってもいいじゃないですか!
たまには子供から感謝を伝えたほうがいいなじゃいですか!
海外にいてなかなか会えないので、その免罪符代わりとして受け取ってください!!←本音。w

でもやっぱり面倒くさい。だって、結婚したから年に4回もあるし。。
というわけで、面倒くささを最小限に、でも喜んでもらえるようにちょっと工夫しています。

 

でも本当は、私だって、私だって!!女子力や人間力を高めるためにも、マメな連絡・贈り物はしたいな、と思ってはいます。が、もちろんやれたことはありません。。誰か、頑張り方を教えてください。。

 

1. ネットで探す

なぜネットで探すのか。。。

プレゼント選ぶのって本当難しい。。特に義両親側の好みはよく分かりません。なので、基本は旦那と相談です。ただ、ウィンドウショッピングしても、家電も食品もスポーツ用品も洋服も本も、何がいいのか決めきれないのです。。なので、何にするかを決めるためにも、まずはネットで逐次旦那と相談しながら絞っていきます。

例えば今年は、テーマを健康にしていたので(次のトピックでお話しします)、「健康 プレゼント 親」とかでググリます。その中から、よさそうなジャンル3つ(腹筋座いす、フィットネスリストバンド、体組成計)を選び、旦那と相談してフィットネスバンドに決めました。

フィットネスリストバンドに決めたら、そこからブランド、スペック、価格などをネットで調べて、旦那と相談して商品を決めます。

今年は、フィットネスリストバンドの中でもNo.1ブランドから、義母の好きな水泳に対応した機種が出ていて、義父が好きそうな万歩計機能もついていたので、こちらにしました。

ネットに繋ぐだけで、選択肢がたくさん現れ、段階を踏んで旦那と相談しやすいので、ネットで探すようにしています。

もちろん、タイで買い物して送るよりも時間・コストが削減できるというメリットもあります。

 

2. 4人共通のテーマを毎年決める

4人分を毎年やっていたら、すぐネタ切れです。しかも、誰に何をあげたのか記録しておかないと忘れてしまいます。。でも、そんなの面倒くせぇ!

f:id:phuketblog:20170106141207p:plain

http://www.powerys.com/archives/cat36/post_70/

 

なので、毎年みんな同じテーマにすることにしました。
「人それぞれ好みはあるけど」(by SMAP)、商品は違えどテーマは一緒です。
例えば、去年はお酒。日本酒だったりワインだったりそれぞれ好きなものをあげました。
そして今年は健康。もう全員還暦を過ぎたので、足腰が弱くなってきていますしね。

 

こうやって1年に1度テーマを決めるだけで、あとは楽です。
テーマがあれば4人のプレゼントも決めやすいですし、後から比べても平等感も統一感もあって(自己)満足できるし、過去のプレゼントとかぶらないですし。

 

これで楽して毎年贈れるぜっ!

 

3. ゆるうさぎ夫婦との繋がりをもたせる

さて、プロローグでも書きましたが、プレゼントを贈るのには、「海外にいてなかなか会えないので、その免罪符代わりとして受け取ってください!」という下心があります。ちゃんとメリットがある方が続くので、下心じゃんじゃん出します!

 

なので、単にプレゼントではなく、ゆるうさぎとのつながりを何かしらもたせます。
例えば、去年のお酒で言えば、それぞれの出身地(静岡とか高知とか)や思い出深いもの(フランスで一番好きなものとか)にしました。
今年の健康で言えば、ゆるうさぎ夫婦も義両親もiPhoneユーザーなのですが、義両親はまだまだ使用度合いが低い!ので、iPhoneアプリを利用したフィットネスリストバンドにしました。使い方も教えたりして繋がりももてます。

 

ということで、どれもちょっとしたことですが、苦手なプレゼントを続けるためにも、楽ちんに、そして自分たちの下心も満たすようにしています^^

 

>>旦那へのプレゼントはこちら