ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

隠れた離島でオススメのアクティビティ(タイ・ハイ島)

去年、プーケットから行けるハイ島に行ったというお話を書きましたが、続きの話が書きかけのまま忘れていました。。断捨離ついでにその続きをば。ピピもいいですが、そこから倍近くかけていったこの島は本当に美しすぎる秘境ビーチでした^^


ハイ島の紹介でも書きましたが、ハイ島って道路がないんです。地元民もいなく、住民といえばリゾートで働く人たちが寮に住んでいるだけです。市場もコンビニも屋台もありません。カラオケもバーもありません。ホテル以外は自然です。食事はホテルですることになりますが、その食材も船で他の島から運んできます。

f:id:phuketblog:20161206134623j:plain

   ボートから下した食材を運ぶスタッフと見守る(?)マネージャー。笑

 

あと、Wi-fiもつながったりつながらなかったり、携帯の電波はあります(でもたまにLTEは繋がらず3Gだったり)。じゃあ、滞在中、一体何をするの?って感じですよね。やること、おすすめのアクティビティご紹介します。

 

 

1. シュノーケリングやダイビングを満喫!

何といってもこれでしょう。何もないって言っても、綺麗な海と白い砂浜、サンゴ礁はあるのですから、お魚もたくさんいます。ホテルについてから、滞在中のツアーを予約できます。PADIのダイビングショップも2つあったので、ダイバーの方も楽しめます。

ちなみに、ダイビングショップがあってごはんもおいしかったのは、このホテル(コ・ハイ・ファンタジー・リゾート)。

       

 

このホテルにあったツアーは、4島巡って1,000バーツ(3000円)だそうです。

f:id:phuketblog:20161210222953j:plain

 

これと似ていますが、3島を巡るシュノーケリング・ツアーに実際に参加したおで、体験レポを一つ。

ホテルのレセプションに17時頃に行き、翌日のシュノーケリングツアーを予約。一人900バーツ(2,700円)で昼食付。

朝10時にホテルの船着き場にボートが来て乗船。元々ボートは、ランタ島発のツアーだったので、ゆるうさぎ達が乗るときには、20名ほど欧米人が乗船済みでした。

 

まず、10分ほどボートで行ったところにあるKoh Cheuk(チューク島)で1時間シュノーケリングしました。といっても自由時間なので、船の上でぼーっとしたり、事前に申し込めばカヤック(しかも船員さんが漕いでくれるので乗ってるだけでOK)にも乗れます。

そして、次は30分ほどボートに乗って、Koh Muk(ムック島)にあるEmerald Cave(エメラルド洞窟)へ。イタリアの青の洞窟みたいに超綺麗です。まぢで、秘境!!とはいえ、この辺に滞在する人には有名なので、人は多いです。そして、中には紅の豚に出てきそうな砂浜もあり、特別感満載!でも、ここはシュノーケリング禁止なので、ライフジャケットつけて平泳ぎで進みます。泳げない人は、船員さんに引っ張ってもらいましょう。泳ぐのは7-8分ですかね。40分くらい滞在していました。

f:id:phuketblog:20170310215821p:plain

https://www.pinterest.com/pin/227291112415993584/

 

そして、また30分ほどボードに乗っている間に、昼ご飯を食べました。ジャスミンライスと、カレーちっくなものに、BBQチキンとコーラがついていました。可もなく不可もなくという感じ。。

そうこうしているうちに、最後の目的地に着きました。Koh Kradan(クラダン島)というところで、またシュノーケリング。ニモがいましたよーーーそして、かなり浅瀬のサンゴ礁から、一気に数十メートル下がるプチ海溝みたいなのがあって、その境目にお魚さんがわんさかいました。ホテルの前よりも、チューク島よりも、ここが一番きれいでした!!ほかのツアーでは、島に上陸してのんびり過ごしたりするみたいです。ここも1時間ほど満喫しました!!

f:id:phuketblog:20170310220008p:plain

http://www.kohkradanislandresort.com

 

そして、50分ほどボートに乗って、ホテルに戻ったのが14時半頃でした。そこまで疲れず、焼けすぎず(旦那は日焼け止めなしで挑んだのですが、火傷レベルまではいかず、いい感じに小麦色になっていました)。帰ってから飲んだビールがおいしかった!!!!!

まとめると、こんなスケジュールでした。これで900バーツなので、大満足です!!

10:00 ハイ島のホテルを出発・ボートで移動

10:10 チューク島でシュノーケリング

11:00 ボートで移動

11:30 ムック島でエメラルド洞窟を観光

12:10 ボートで移動・昼食

12:40 クラダン島でシュノーケリング

13:40 ボートで移動

14:30 ハイ島のホテルに到着

 

2. ホテルの周辺をカヤック・シュノーケリングで探検!

ゆるうさぎ達が宿泊したのは、こちらのホテルですが、ここでは、カヤックもシュノーケリングも、無料で借りられました。

       

普通の水中メガネ/ゴーグルでも、かなり綺麗に見れますが、フィンを付けて遠くまで行ったり、カヤックで岩の向こう側まで行くと、また違った景色が見れて、全然飽きません!!

 

3. 隣のホテルへ小旅行♪

小旅行って言っても、隣接していたりします。笑。島の右側のビーチにホテルが固まっているので、南北砂浜をあるいても30分ほどしかかりません。ゆるうさぎが泊まったコ・ンガイ・リゾートは、丘一つ隔てていましたが、それでも隣まで歩道があったので砂浜よりは暑くなかったです。でも夜は真っ暗で足を踏み外す恐れがあるので、絶対にあるかない方がよいです。

ゆるうさぎたちは頼みませんでしたが、プライベートボートで連れてってもらうこともできるみたいです。一人50バーツとかで。

f:id:phuketblog:20161204214252p:plain

 

どこのホテルのサービスも似たり寄ったりのようですが、別のホテルで何するの!?というと、一番は食事でしょうね。毎日3回同じレストランだと飽きるので、隣のイタリアンを食べよう、とか、変化がほしくなるはず。ちなみに、コ・ンガイ・リゾートのスパゲッティ・カルボナーラは、人生で食べた中で一番まずかったです。。匂いと味が、カルボナーラから発したことのない新しいものでした。。

あとは、マッサージメニューは大体同じですが、ビーチでやってくれるところもあるので、雰囲気を味わいたい方は、ビーチ沿いのマッサージ屋さんに行ってみてください。

 

4. オススメのホテルでゆっくりする

結局は、これが一番でしょうね。そのためにも、ホテル選びは重要です!でも、旅のスタイルによってホテル選びも変わってくると思うので、3つのスタイル別に個人的なオススメをご紹介します。

①コーンガイ・キャンピング

ホテルでゆっくりしません!ビーチかツアーに出まくります!だからホテルは安さが一番!!という方には、こちら。一泊3000円くらいです。

 

       

というか、もはやホテルでもなくキャンプ場ですが。。

 

②コ・ンガイ・リゾート

ホテルの質は求めないけど、眺めのよい部屋がいいな、という方には、ちょっとボロいホテルで一番いい部屋を予約するのがオススメ。ゆるうさぎ夫婦が選んだのはこの②で、オーシャンフロントの部屋を予約しました。もちろん施設や部屋には期待せず、Viewだけ期待していきました。案の定、部屋は傾いていたり、年季の入った内装だったり、暗かったりですが、それなりに綺麗で、エアコンも効いたので問題なし。それよりも、プール目の前で、その先には海!というのが最高でした。部屋のバルコニーに寝そべって、持参したワイン飲みながら読書、なんていう優雅な時間を過ごしましたわー

       

 

③コ・ハイ・ファンタジー・リゾート

素敵なホテルに滞在したい!という方には、こちらオススメ。値段も一番よいですし、何よりレストランがおいしかった!あと、他の島に行くとき、ハイ島のホテルの宿泊客はいったんこのホテルに集合してから、他の島行きのボートに乗らないといけないので、結構時間がかかってしまいます。ここに宿泊していれば、そんな手間もかからないので、楽ちん!!また、メインビーチに位置しているので、他のホテルにお邪魔しやすいところも、いいですね~

       

 

 

というわけで、以上、アクティビティ紹介でした。

昔の記事はこちら。