ゆるうさぎの南国暮らし日記

~タイ・プーケット~

MENU

ピピ島で絶対訪れるべきオススメスポット

プーケットに来る人の多くは、ピピ島にも行ってみたいと思っているのではないでしょうか。実際、ピピのどこが楽しいのでしょうか?ゆるうさぎ的なオススメスポットをお伝えします。

ちなみに、プーケットからの日帰りボートツアーについても書いてみたので、ご参照ください。

 

「Maya bay」の画像検索結果

https://www.fivestartravelandtours.com/product/sunrise-adventure-longtail-boat-tour/

 

 

 

1. ザ・ビーチの舞台、マヤベイ

『ザ・ビーチ』は好き嫌いがわかれるかと思いますが、あの綺麗なビーチは印象的ですよね。CG加工されているので、実際はあそこまで閉じた空間ではないのですが、それでも映画の舞台を見てみたい!という方は、マヤベイに行ってみてください。 

 

ちなみに、ピピ島と言っていますが、厳密には2つの島(ピピ・ドン島とピピ・レイ島)があります。ドン=人が住んでいる、レイ=人が住んでいないという意味のとおり、船着き場やホテルなどはピピ・ドン島にあります。ただ、肝心のマヤベイはピピ・レイにあるので、ピピ・ドン島に宿泊している人は、ボートツアーに申し込まないといけません。プーケットからもボートツアーが出ています。

 

一番心しないといけないのは、異様に人が多いです!!パトンビーチ並みにいます。なので、2にあるような、幾つか島を回るボートツアーの一つとして写真を撮るというくらいがちょうどよいと思います。でも、憧れのピピ島を満喫したい!という方には、こういうツアーがよいと思います(行きにカイ島に寄るツアーだと、比較的人の少ない海でシュノーケリングができるのでオススメです)。一人1,600バーツ(5,000円)です(入場料が別途400THBかかります)。

  • 7:30 ホテルにお迎え
  • 9:15 カイ島にてシュノーケリング
  • 10:15 ピピレイ島に到着
        マヤベイ、海が綺麗なサマー湾(Loh Samah Bay)や、ツバメの巣で有名なバイキング洞窟(Viking Cave)、綺麗な入り江のピレー湾(Pileh Cove)を観光
  • 13:00 ピピドン島に到着
        繁華街トンサイ港(Ton Sai Bay)にてランチ・観光・買い物、海岸に猿が住んでいるモンキービーチ(Monkey beach)を観光
  • 16:30 プーケット島に到着
  • 18:00 ホテル到着 

現地でツアーデスクに頼んでもいいですし、日本語でという方はVeltraとかがあります。

VELTRA

 

2. 定番の島めぐり

ピピドン島とピピレイ島に限らず、1日で6島めぐるツアーなんてのもあります。日本語ツアーはあまりないのですが、英語ならどの現地のツアーデスクでも販売していますし、ネットでもあります。約10時間と長いツアーで、1人3,000バーツ(1万円)と少し高めですね。でも、6つの島+サンゴ礁を見れて、かつバンブー島はめちゃくちゃ綺麗です!船の上でのんびり過ごしながら1日でたくさん見たい!という方にはオススメです。逆に、混んでてもいいから島でゆっくりしたいという人には1の方がよいです。

  • 7:30 ホテル出発
  • 9:40 モスキート島(Mosquito Island)の写真撮影
  • 10:00 バンブー島(Bamboo Island)でシュノーケリング
  • 11:00 ヒン・クラン・サンゴ礁Hin Klang)
  • 12:30 ピピドン島でランチ・買い物・観光
  • 14:00 モンキー島で猿に餌やり
  • 14:30 ピピレイ島でシュノーケリング・観光
        (バイキング洞窟、サマー湾、ピレー湾、マヤベイ)
  • 16:00 カイ島でシュノーケリング
  • 17:30 プーケット到着
  • 19:00 ホテル到着

 

3. 隠れ家リゾートホテルに宿泊してゆっくり滞在~オススメ2選~

1日ツアーでシュノーケリングは十分できますが、ビーチサイドに寝そべってゆっくり過ごしたいという方は、やはり2泊以上リゾートホテルに泊まることをオススメします。トンサイは人が多いので、トンサイから更に小さなボート(ロングテールボート)に乗って行く、人里離れたリゾートホテルがオススメ。ホテルから1,2,4のツアーも出ているので、半日は外出して、あとはのんびりというのもいいでしょう。島は違いますが、こんな感じで楽しめます。

プールがついててビーチもあって、あまりうるさくないところで言えば、オススメは2つ。

①Phi Phi Island Village Beach Resort

トンサイから30分ほどロングテールボートで北に行ったところにある静かなビーチリゾート。かなりビーチが長く、また入り江でもないので目の前にバーーーンと海が広がります!平地にあるので、施設内も移動しやすく、長期滞在に向いています。元々アウトリガー(有名なホテルチェーン)系列だったので施設もかなりしっかりしています。1泊5000バーツ(1万5000円)くらいでお高いですが、ゆっくりできるのでコスパはよいです^^

 

②Phi Phi The Beach Resort

ここは、①とトンサイの中間くらいにあり、値段も4,000バーツ(1万2,000円)と少し落ち着きますが、やはり占有できるビーチがあり、のんびりできるかと思います。

 

他にも、Villa 360もまぁまぁよかったのですが、崖にあるホテルで眺めはいいものの、専用ビーチがなかったので、ゆっくりするには上の①と②の方がよいと思います。

 

いずれにせよ、プーケット島から、またはクラビから、フェリーやスピードボートで行けます。高いけど楽なのは、ホテルにお願いすること。それよりは安く、ネットで事前に買いたい人は、英語ですがこちらから。もちろん、現地でツアーデスクに頼んでも同じような値段で買えます。

 

4. まだみんなが知らない美しすぎるビーチを訪問

有名どころを1日でパッと回るのもよし、ゆっくりホテルにリゾートステイするもよし、でも本当に綺麗なところって実はピピ島の裏の方にまだ隠れているんです^^欧米人は少しいますが、日本人はあまり見たことないですね。ゆるうさぎのオススメは2つ。

①Nui Beach

特に朝は本当に人が少ない。小さな入り江でシュノーケリングしたり、砂浜で寝そべったり。ちょっとシュノーケリングするだけで、本当に色々な種類の魚がいるし、洞窟っぽくなっていてプチ冒険もできたりする。

f:id:phuketblog:20170311181548j:plain

 

②Wang Long Cave

洞窟といっても空が見える感じで、岩の合間が入り江になっている感じ。ボートで奥まで行ってシュノーケリングが出来ます。①より少し人は多いですが、広さもあるので、同じくらいのびのびできます。そして、どちらもめちゃめちゃ綺麗!!

f:id:phuketblog:20170311181847p:plain

 

どちらも、ロングテールボートやスピードボートをプライベートで借りたり、ツアーに申し込めば行けます。予約は、現地の方がよいと思うので、ホテルかトンサイ港のツアーデスクに聞いてみてください。

 

リゾートに行くときの持ち物はこれ!

 

あと、3とか4じゃ物足りず、まだみんなが知らない島に行ってみたい!という人には、ハイ島(ンガイ島)がオススメ!!!

 

 

ピピ島の日帰りツアーはこちらで安くしてください^^